恐ろしい『闇金』の正体

法律でどんなに適正な金利を定めても、「総量規制」で借り過ぎを抑制しても、その法律を無視した存在が、まるで法律など関係ないかのように水面下でうごめいています。いわゆる「闇金」(闇金融)と呼ばれる組織です。

何をもって「闇金」とみなすのかというと、出資法という法律に違反する高い金利で、貸付けを行う業者のことを指します。いわば暴利をむさぼる金融です。

「闇金」の存在は昔からありました。

”トイチ”といった言葉を聞いたことがあるかと思います。10日で1割の利子というとんでもない金利で融資をするのですが、これに手を出してしまう方がいるのです。多重債務に陥って、どこからもお金を借りることができず、それでも今すぐお金が必要……という人たちが「最後の手段」としてすがってしまう、これが「闇金」でした(近年では”トサン””トゴ”というとんでもない金利も確認されています)。

「闇金」は違法です。とにかく、その存在から金利まですべてが違法です。

取立ても違法です。本来ならば取立てが禁じられている夜間でも平気で電話をかけてきます。何十回もです。夜中に自宅まで押しかけてくるケースも珍しくありません。

勤務先にも取立ての電話をかけてきます。これは取立てが目的ではなく、嫌がらせです。会社の同僚たちに、「この人は「闇金」から金を借りていますよ」と周知するためです。人の嫌がることを執拗かつ陰湿に仕掛けてくるのですから、本当に悪質です。

悪質といえば、お子さんが通っている学校の校門の前で夕方から待ち伏せをしている、といったケースも報告されています。さすがに子供に直接危害を加えることはないようですが、家族を巻き込んで、精神的に多大なる負担を背負うようになることは言うまでもありません。

どんなにお金に困っていても、「闇金」にだけは手を出してはいけません。手を出したら最後です。「わかってるよ」と言われてしまいそうですが、「総量規制」によって、正規のルートでお金が借りにくくなり、藁にもすがる気持ちになって手を出してしまう方がいるのです。『闇金』の被害に遭う人は今も増加しているのが実情です。

その手口も、巧妙に変化してきているので、本当に注意が必要です。