ローンやクレジットカードの審査 > 悪徳業者に騙されないために > こんな時代だからこそ人は騙されやすい

こんな時代だからこそ人は騙されやすい

不況が長引き、会社によるリストラが増えれば、「安定収入を失ってしまった。クレジットカードが作れない」と悩む人も急増します。「総量規制」で、これまでのように消費者金融がお金を貸してくれなくなった……、資金繰りに困った……という方も着実に増えています。

今は、いわゆる”カード難民”の時代になっているのです。消費者金融でお金も借りられないし、クレジットカードも作れない。経済不況を真に痛感する話ですが、こんな時代だからこそ、気を付けてください。”カード難民”を狙った悪徳業者が暗躍しています。すでにクレジットカードを持っている方でも油断は禁物です。

ICチップを埋め込むなどのセキュリティー強化は図られてきていますが、今なお”スキミング”の被害に遭ってしまうケースが増加しています。ネット上で悪質サイトを踏んでしまったがゆえに、すべての個人情報を抜かれ悪用されてしまっていたというケースも多数報告されています。

どんなにセキュリティー技術が向上しても、カードを使う方が「自分の身は自分で守る」ことを強く意識しないといけません。セキュリティーでは守りきれない、見抜けない罠が、そこかしこに、しかも巧妙に仕掛けられているのです。「心のセキュリティー」を強化すべき時代です。

過去の延滞などが原因でクレジットカードが作れない場合は、原則としてほかの方法でカードを作ることはできません。事故情報を即座に消すようなことは、誰にもできません。そのような場合にお金を無担保で貸付けたり、カードを発行したりするような業者は普通ではありません。

”カード難民”救済を装った耳寄りな話を作り、うまい話をもってくる業者には注意してください。「カードを作りたいけど作れない」という心理状態をうまく利用して、お金をむしりとろうと近づいてくる悪徳業者が存在します。

このHPを読んでいただいた方々には、あらためて「心のセキュリティー」を強化していただくことを切に願います。そのために、この章ではカード社会に蔓延する危険な手口と、その見抜き方を紹介していきましょう。