ローンやクレジットカードの審査 > 悪徳業者に騙されないために > 『闇金』から借りてしまったら、すぐに弁護士ヘ

『闇金』から借りてしまったら、すぐに弁護士ヘ

やむをえず「闇金」からお金を借りてしまった場合、とにかくすぐ私たち弁護士に相談してください。「闇金」について、誤った認識を持っている方が多くいますので、とにかく専門家の意見を聞いていただきたいのです。

「闇金」業者は出資法違反の暴利で貸付けを行っています。「闇金」からお金を借りても原則として返す義務はありません。「いくら金利が違法でも、借りた分ぐらいは返すべき」と言われる方がいるかもしれませんが、法律上は借りた金額=元本さえも返す必要がありません。

民法には「クリーンハンズの原則(自ら法を尊重するものだけが、法の救済を受けるという原則)」というものがあります。「闇金」は、刑事罰の対象にもなる高い金利で貸付けをしており、悪質すぎると判断されます。ですから、貸した金額さえも請求することは、法的には認めない、ということになります。暴利をむさぼる「闇金」に対しては、1円たりとも返済する必要はありません。すでに返済した元本や利息も取り戻す権利があります。

「闇金」サイドはそういったことをすべてわかったうえで違法行為を続けています。悪質極まりない取立ても平気で行いますし、抗議をしても「自分たちは悪くない。証拠はどこにあるんだ」と言って、聞く耳など持ちません。

「「闇金」に返済する義務はないので、毅然たる態度で対応してください」とのメッセージはそこかしこで聞きますが、実際に、個人の方が「闇金」相手に対応するのは困難なことが多いです。ひとりで対応している以上、相手はその手をゆるめないのが実情です。場合によっては、態度を硬化させたり暴力をちらつかせたり、さらに危険な取立て行為をしてくる可能性もあります。

「闇金」に手を出してはいけません。仮に手を出してしまった方は、すぐに弁護士に相談してください。
 何かがあってからでは遅いのです
 泥沼に陥ってからでは遅いのです

正直なところ、「闇金」に関する相談を受けない弁護士さんや法律事務所も少なくありません。たしかに、いろいろな意味で厄介な案件なので、専門外としている弁護士の方も多くいます。

当事務所では、「闇金」被害を看過できない、ということで、「闇金」被害の相談にも積極的に応じています。一般の貸金業者を相手に「債務整理」をするのとは違い、契約書や返済履歴も残っていないでしょうから、なかなか厄介ではあります。それでも、取引の経緯については、一般の金融機関から借り入れた時よりも丁寧な聞き取りをすることで把握することができます。

090金融などの場合、業者の実態を掴むこと自体難しく、刑事告訴や民事訴訟によっても相手が見つからないという場合もありえます。しかし、私たち弁護士が代理人になることで、少なくとも危険行為が収まる……少なくとも今の泥沼の窮状から脱出できることになります。

「闇金」には手を出さない

出してしまったら、とにかく一刻も早くご連絡ください
それが、私たちの叫びです。