ローンやクレジットカードの審査 > 悪徳業者に騙されないために > 「貸金業登録番号」を確認すれば危険は回避できる?

「貸金業登録番号」を確認すれば危険は回避できる?

「闇金」か、正規の金融業者か?

このことを見抜くのは実は難しいのです。

「貸金業登録番号」の有無が決め手になるように思われがちですが、これを確認することのみでは「闇金」なのかどうかは判断できません。なぜならば「貸金業登録番号」を持っているような「闇金」も存在するからです。

正規の業者であれば、必ず広告やホームページに登録番号を記載しています(わかりやすいところに掲示するように法律で定められています)。

記載自体がないということであればこれは怪しい、と判断できます。しかし、「闇金」でも登録番号を持っていたり、堂々と嘘の登録番号を広告やホームページに記載していたりするのです。

金融庁のホームページでは、登録番号を検索できるサービスが用意されていて、そこで番号などを入力すれば、正規の登録業者か否かはすぐにわかります。嘘の登録番号を謳っているようであればこれは怪しいと判断できます。新聞や雑誌の広告にニセの登録番号を掲載したことが発覚したら、厳しく罰せられるのですが、捕まらなければよい芦考えているのか、「闇金」は堂々と嘘の登録番号を記載している場合もありますので津意してください。

ただ、前述の通り、登録番号を持っている「闇金」もいますので、これだけでは安心できません。

自宅のポストに直接、ひっそりと投函されているようなチラシや、電柱に貼られている告知ポスターなどについても注意してください。この方法が取られると、デタラメか登録番号を掲載していても金融庁のチェックが及びません。ご自身で確認することが強く求められます。

大手の消費者金融以外からダイレクトメールなどが届いたら、こちらもまずは登録番号の真偽をインターネットで確認するようにしてください。

それだけで未然にリスクを軽減できます(ダイレクトメールも、有名な消費者金融やカード会社に酷似した名前とロゴを使って、大手だと勘違いさせる手法が存在するのでご注意ください)。

雑誌やスポーツ新聞に広告を出す、という手段もまた厄介です。

人は、広告を見ると、「広告を出せる↓資金力がある↓安心できる」といった印象を受けがちです。

広告はそういう意味で非常に効果的であり、「闇金」に手を出してはいけないとわかっている方でも、「新聞に載っていれば安心だろう」と油断し、手を出してしまう方が後を絶ちません。

広告に馴されてはいけません。

真の業者であれば、先ほど述べたように、法律に定められた利息の範囲内で貸付けをするはずです。「金利が高いな」と思ったら、それが危険信号です。