ローンやクレジットカードの審査 > 債務整理 > 真面目な人ほど陥りやすい多重債務の悪循環

真面目な人ほど陥りやすい多重債務の悪循環

クレジットカードが作れない、と思い悩んでいる方の中には、すでに消費者金融からの借入額が大きく膨らみ、「総量規制」の枠を超えてしまっていて、しかもそれを返済することもできず困っている方がいるかと思います。自分がブラックリストに載っていると自覚しながらも、どうすればいいのかわからずに立ち往生してしまっているかもしれません。

とにかく、月々の返済に追われる生活に一度なってしまうと、ほとんどの場合、さらなる悪循環に陥ってしまいます。こうなると、なかなか自分の力で抜け出すのは難しいもの。お給料のほとんどが消費者金融やクレジットカード会社への返済に回ってしまう状況では、金銭的な余裕はもちろんのこと、そのことばかりで頭がいっぱいになってしまい、精神的な余裕もなくなってきます。

次のようなケースは、このサイトを読んでくださっている方の中にも少なくないのではないでしょうか。

月の手取りが15万円、毎月の返済額は合計10万円
給料が入ったら、とりあえず返済に充てる

結局、家賃や光熱費など生活費が不足するので、返済によって多少枠に余裕のできたカードからまたお金を借りる
なんとか暮らしてはいるが、いつまで経っても借金の元本は減らない
もうこのような生活が何年も続いている

こうなってしまうと、いつかは抜け出せるつもりであっても、余程のことがない限り、悪循環からは抜け出せません。いつか予想しない事態が起こった時に(たとえば冠婚葬祭が偶然に重なるなど)、完全に生活は破綻してしまいます。

この悪循環からは、早急に抜け出す方法があります。それが、「債務整理」という方法です。実際に多くの方々が、「債務整理」により、悪循環の根本を断ち切り、新しい人生の第一歩を踏み出しています。早ければ早いほうがいいのです。

本来、「債務整理」という方法は、借金問題から脱出できる解決方法として活用されるべきものです。しかし、「債務整理」という方法を選択することを、みなさんなかなか躊躇してしまっている……それが現在の実情です。

なぜでしょうか?

おそらく、「債務整理」というものに関する情報不足がその一番の原因ではないかと思います。

家族にも大きな借金があることを隠して、苦しい日々を送っている方がいます。

友達や同僚にバレてしまうことをおそれ、あえて悪循環の中に身を投じたままで動けなくなっている方もいます。いつも借金のことで頭がいっぱいで、将来のことがまったく見えなくなっている方もいらっしゃると思います。

「債務整理」は決して難しいことではありません。怖いものでもありません。

「債務整理」を経験している方はたくさんいます。あなたの周りにもたくさんいるはずですが、あなたがそれを知らないというだけです。逆に言えば、「債務整理」をしたことは、簡単に周囲に知られるものではありません。

実は、物事を真面目に考え過ぎる方ほど、「債務整理」をすることが悪いことのように思っているようです。そのため、どんどん取り返しのつかない状況に陥ってしまっているのです。

第三章で解説した「闇金」の被害に遭うのも、意外に律義に考え過ぎる方だったりするのです。借りたお金を返せないのは申し訳ないから、新たな借金をしてでも返済しようと試みる……そんな心情なのでしょう。

また、「借金を知られるのが怖い≒「債務整理」をして事故情報が登録されるのが心配」というお気持ちもわかります。しかし、一度債務整理の手続きをご理解いただければ、「なんでもっと早く手を打たなかったのだろう1」と思われるはずです。

「債務整理」をして、自分も家族も新たな人生をスタートするのです。手を打つならば、早い段階で踏み切り、残りの人生を幸せに過ごしてほしいと思います。

人知れず苦しんでいる方、それこそ「闇金」に手を出そうかとまで思い悩んでいる方、どうかこの第四章を参考にして、人生を再スタートする決断をしてみませんか?

あなたが思っているほど、「債務整理」のデメリットは大きくありません。そして、その決断は一日でも早いほうが間違いなくいいのです。