ローンやクレジットカードの審査 > 債務整理 > 低金利で借金の一本化は「任意整理」よりも安全なのか?

低金利で借金の一本化は「任意整理」よりも安全なのか?

どうしても「任意整理」に抵抗があるといって、「低金利で借金を一本化できる業者をインターネットで見た。そちらに切り替えたほうが、デメリットは少ないのではないか?」という提案をいただくこともよくあります。

たしかに、低金利(といっても利息制限法の制限の上限に近い金利のことが多いようです)のところで借り換えて一本化すれば、これまでよりも月々の返済額が少なくなる可能性はありますし、何よりもブラックリストに載るというリスクを避けることができます。

しかし、だからといって”低金利で借金の一本化”が「任意整理」よりもベターな方法かと聞かれると、それは甚だ疑問です。

一本化といっても、要は新しく大きな借金を作ることになります。

もちろん、そのお金で他社のこれまでの借金については完済するわけですが、借金の総額はまったく減っていませんし、金利が低いといっても、利子を上乗せしたお金を月々返済していくというサイクルからは脱却できません。やはり、現状は対して変わらないということが多いでしょう。

「任意整理」の場合は、もし「グレーゾーン金利」での長年の取引があれば、借金が大幅に減るか、ゼロになる可能性すらあるわけで、その点で借金の一本化よりも大きなメリットがあります。一本化する場合には、借入金額が大きくなるため、連帯保証人を立てることが必須とされることが多いのも気を付けたいポイントです。

仮に支払いが困難になってしまった場合、連帯保証人の方に多大なる迷惑をかけることになります。また、避けたかったブラックリストに結局、載ってしまうことになるケースも出てきます。

しばらく経ってから「やっぱり「任意整理」しよう」と考え方が変わった場合にも、今度は連帯保証人の存在が足かせになってしまいます。

もっとも怖いのは、銀行などで一本化するのならいいのですが「低金利・一本化」を謳って宣伝している業者には、いわゆる悪徳業者が潜んでいることも多いことです。一本化よりもまず、「任意整理」を検討してみてください。