ローンやクレジットカードの審査 > 債務整理 > ブラックリストからはいつ消える?

ブラックリストからはいつ消える?

「債務整理」をした場合、どの方法を選択しても、例外なくブラックリストに載ってしまいます(先程も書いたように「過払金返還請求」のみの場合は事故情報扱いされなくなりましたので、ご安心ください)。

このサイトの中でも、「5年から7年は新しいカードを作ることが難しくなります」という表現を幾度となく使っています。

実際にこれから「債務整理」をしようと検討している方から、「「債務整理」をしてからいったい何年間でブラックリストから消えるのか? 将来のために明確な期間を知りたい」と質問されるケースも多くあります。

ただ、よく考えてみてください。

近い将来、住宅ローンを組みたいので、「債務整理」をして新しい一歩を踏み出し、そこから逆算して、将来に向けた明るい生活設計を立てたい、という理由ならわかります。一方で、「またクレジットカードを持ちたい」という漠然とした理由からなのであれば、いささか疑念を抱きます。

多重債務に陥って「償務整理」をする、その理由がカードの利用だったはずです。その手続きに入る際、将来の借金を視野に入れるのは適切とは思えません。しばらくカードを持てなくなる、という事態をマイナスではなく、むしろプラスに捉えるぐらいの気持ちでいていただきたいと思います。

あくまでも、その期間は、しっかりと生活を立て直し、社会的信用を回復する重要な時間なのだと考えてください。

ただ「自分がいつブラックリストから消えるのか知りたい」という気持ちは理解できます。自分がいつ。まっさらな状態”に戻れるのか? それがわかれば、気持ちも和らぐことでしょう。

しかし、「〇年でブラックリストから消える」とは、実は断言できません。

まず理由のひとつは、「債務整理」の内容によって、ブラックリストから消える期間が異なることです。

その期間の目安は以下の通りと言われています。

  • 「任意整理」 …… 完済から5年間程度
  • 「個人再生」 …… 完済から5年程度
  • 「自己破産」 …… 免責確定から5年程度

そしてブラックリストに「いつ載ったか?」によっても状況が変わってきます。

貸金業者が事故情報を登録するタイミングが問題です。「これから「債務整理」をします」という通知が届いた時点で登録するのか?「債務整理」をして残債を分割で払います」という和解が成立してからなのか?

それとも、残債をすべて支払い終わってからなのか?

事故情報が消えるまでの目安期間は5年間だとしても、事故情報が登録されるまでの期間が変わってくると、消える時期もまちまちになります。

また、「債務整理」する場合、多くのケースにおいて対象となる貸金業者が、複数となります(当然、和解に至るまでの期間なども業者によってまちまちです)。

登録される信用登録機関も複数になります。事故情報が消えている情報機関もあれば、まだ残っている情報機関もある、という状況が生じる可能性もあるわけです。「債務整理」をしてから一定期間経過し、新たにクレジットカードを作ろうとした際、カード会社が閲覧する信用情報機関によって審査の結果が分かれてしまう、という事態が起こりうる
わけです。ですから先程のように、「5年間程度」あるいは「5~7年程度」などといったアバウトな表現しかできないわけです。

そして「どれぐらい経過したらクレジットカードが作れるのか?」という話になると、ますます断言しにくくなります。

事故情報がすべて消えれば、たしかに信用は回復します。ただ、しばらくカードを利用しない期間が続いているわけですから、取引履歴もすべて消えています。

そのデータをカード会社の担当者が見た時に「ホワイト」である、と判断すれば、カード発行が難しくなるかもしれません。

逆に事故情報が残っていても「すでに3年以上、経過しているから大丈夫だろう」と担当者が考えれば、カード発行の可能性があります。

たとえ過去に「債務整理」をしていても、結果として今は借金がないわけですから、実はカード会社によっては「危険度が低い」という判断もありえるのです。これは、「借りる側」ではなく、「貸す側」の視点に立つとわかると思います。

「自分がカード会社の担当者だったら、今の自分にカードを発行するだろうか?」と客観的に考えることも有益です。発行すべきという結論になったでしょうか。

「まだ自分がカードを持つのは危険ではないか?」という発想も生まれてくるかもしれませんね。

「ブラックリストから消えたから、カードを作れる」のではなく、「債務整理」をした後、「今の生活にカードが本当に必要なのか」との吟味こそ重要です。

「債務整理」をした後であればなおさら、自分の経済状態・生活環境の変化、現在の収入と毎月の返済可能金額を、慎重に検討したうえで、初めてクレジットカードを申し込むべきではないでしょうか。

誰しも最初にクレジットカードを作る時や、消費者金融からお金を借りる時には、近い将来、お金を借り過ぎて「債務整理」をすることなど想像しません。

それでもなお、「債務整理」に至ってしまったわけですから、あらためて、自分の踏んだプロセスをしっかりと振り返り、「二度と同じ轍は踏まない」という強い意志を確立するべきです。

またも経済的に困窮して、今すぐカードを作りたい、となった方は、「債務整理」をしたのに、(病気などといったよほどの事情がない限り)生活が立て直せなかったことを意味します。「債務整理」の後は「借金をしない」が原則になることを忘れないでください。

ブラックリストから消える状態になるまでの期間は、先に述べた通り、ハッキリと断言することができません。もちろん、ご自分で信用情報機関の個人情報を開示すれば、現在の状況は確認できます。

どうしても気になってしまう方には、「債務整理」をしてから5年以上経過した時点で、一度、開示請求してみることをオススメします。 気持ちはスッキリするでしょうし、特に、確認もしないでクレジットカードを申し込んで断られる、といった事態を避けるためには有益かと思われます。