ローンやクレジットカードの審査 > 債務整理 > もしも返済できなくなったら……?

もしも返済できなくなったら……?

「任意整理」をした場合、残債を支払っていくことになります。

もちろん、早く支払いを済ませたい場合には、きっちり和解通りの期間で支払う必要はありません。残債が順調に減ってきたら、まとめて完済することも可能です。1ヶ月でも早く終わるほうが望ましいことですし、そういった方法を取られる方は多くいらっしゃいます。

ちなみに私たち弁護士に委任された場合、各貸金業者への返済もこちらで行うことになります。複数の会社宛に債務が残ってしまっても、その合計額を指定口座に振り込んでいただくだけになります。故に、各社にいちいち振込みをするなどの手間も省けることになります。

順調に支払いが進んでいけばなんの問題もないのですが、経済状況に大きな変化が起こった場合、定められた金額を支払えなくなるケースもあります。

当然、そういったことが起こらないように「任意整理」をする段階で慎重に方針を決めることが重要です(面談時に支払いが困難だと予測された場合は「自己破産」などをオススメします)。また、「任意整理」がとん挫をしないために、実際に支払いがスタートする数ヶ月前からご入金いただき、こちらでプールするという準備もします。

返済できない状況が一定期間発生したら、とりあえずはこちらでプールしているお金から支払いをすることもできます。今後について支払いの継続が可能か否かは、依頼者の方と、再度話し合いをさせていただきます。

どうしても支払いが再開できない、再開できても再び返済できない状況に陥りそうだと判断した場合、「自己破産」や「個人再生」の手続きを検討することになります。

生活の乱れが原因でそういう状況になってしまった場合は非常に問題がありますが、会社をやむをえない事情で退職せざるをえなかった、病気になって職を失ったなど、不可抗力で支払いができなくなってしまった場合は、方針変更も要検討です。すぐに弁護士に相談してください。

また貸金業者と和解をしてすべてが終わるわけではありません。あくまでも支払いが完了して、初めてゴールです。その先には、本当に明るい未来が待っています。