ローンやクレジットカードの審査 > 債務整理 > 「債務整理」したくても、その費用すら手元にない……

「債務整理」したくても、その費用すら手元にない……

いかかでしたか? この章を読んで、今までマイナスばかりに捉えていた「任意整理」や「個人再生」や「自己破産」のイメージは大きく変わったと思います。

現在、借金返済に追われて、本当に苦しく辛い毎日を送っていらっしやるのであれば、選択肢のひとつとして考えてみる価値は大いにあると思います。

よく「債務整理」をする方に対し、「借りたものは返すのが当たり前。返済を放棄するとは信じられない」といった言葉を投げかけてくる業者や担当者がいます。

彼らの意見は一見、正論に聞こえるかもしれませんね。でも、よく考えてみてください。多重債務で苦しんでいる人の多くは、まさに借りたものを返そうと頑張ったからこそ、現在のような状況に陥っているのです。

しかも、違法な高い金利でお金を貸し付けられていたことが、借金が雪だるま式に膨れ上がって、返済に苦しんだ原因です。一方的に非難されるいわれはありません。「任意整理」は業者も納得したうえで合意しているのですし、「個人再生」「自己破産」は法律で認められた手続きです。そこに引け目を感じる必要はありません。

また「債務整理」を真剣に考えはじめた方は、本当に金銭的に困窮していることと思います。「是非お願いしたいのですが、弁護士費用が心配です」という声もかなり寄せられます。

お金がないから「債務整理」ができないという発想は捨ててください。私たちは依頼者のみなさんの目線に立って数多くの依頼も受けてきました。負のサイクルに陥ってしまった方の経済状況は理解しています。とにかくまずは相談なのです。

「個人再生」や「自己破産」となると、弁護士費用もそれなりの金額になってきます。しかし、分割払いにすれば、月に数万円の負担で済みます。現在の貸金業者への月々の支払いと比べてみると、どちらの負担が少ないかは明らかだと思います。多くの方が、「現在の返済に加えて弁護士費用の支払いが上乗せされる。これはたまらん」と連想する
ようですが、そんなことはありません。受任の段階で、貸金業者への返済はストップするのですから、弁護士費用が上乗せになるわけではありません。

私たち弁護士にご依頼いただくと、催促の電話もピタリと止まります。これで精神的苦痛はかなり和らぐはずです。もう携帯電話の着信履歴におびえる必要はないのです。

ご自身で勉強されて、手続きをしようとされる方も時々いらっしゃいますが、日常の仕事をこなしながら、法的な書類を作ったり、裁判所に足を運んだりするのは想像以上に大変かと思われます。ここは専門家に任せていただき、むしろ新しい生活の基盤を固めることに専念していただくほうが時間の有効活用になるかと思います。

とにかく、ご相談だけでもしてみてください。実際にお話をうかがうことで、初めて適切な方針が見えてきます。方針が決まったら、煩雑なことはすべて弁護士に任せようという気持ちになってもらえるはずです。
あなたの新しい人生は、ここから始まるのです。