ローンやクレジットカードの審査 > ブラックリスト > 親が破産したら、子供にも影響が?

親が破産したら、子供にも影響が?

親のブラックリストの影響が子供に受け継がれることはありません

こちらの見出しも、非常に誤解されている方が多いです。

たとえば、お父さんが「自己破産」をして、ブラックリストに載ったケースを想定してみましょう。

「お父さんが破産しているから、自分はクレジットカードを作れないし、住宅ローンも組めない。審査の際に親の破産がバレてしまうから……」

そんなふうに考えてしまう方、意外に多いのではないですか? おそらく、親から、相続のように、「負の遺産」を受け継いでいるように感じてしまうのでしょう。

しかし、その考えは誤りです。すでに学校を卒業し、就職をして、ご自分で自活しているのであれば、親とはまったく別の人格として扱われますので、親のブラックリストの影響が子供に受け継がれることはありません。

クレジットカードの申し込み時に、親の事故情報がバレる……というのも完全な誤解です。結婚した場合に、結婚相手に自分の親の破産がバレる……というのもこれまた誤解です(「官報」などを調べ上げられると話は別ですが)。

その理由は次の通りです。カード会社は、審査をするための信用情報を、申し込んだ本人の了承を得ないと開示することができません。もちろん、目的外の検索をすることも認められていません。

あなたがカードを作る際には、あなたの了承を得て、あなたの信用情報を見ることができることになるのです。家族が保証人になるなどの事情がない限り家族の情報を見ることはできないわけです。もし、そういった行動をカード会社がしてしまった場合、カード会社は社会的に厳しい処分を受けることになります。それだけ信用情報は厳重に扱われているわけです。

また、「知人の借金の保証人になっていたが、知人が夜逃げしてしまった。この事故情報も自分のものになるのか?」というご相談も受けますが、これまたそうではありません。保証人として借金の支払い義務はありますので、支払い自体は逃れられませんが、逃げた人の事故情報までは引き継がれません。保証債務の返済さえ遅れなければ、信用情報にキズはつきませんので、その点は安心してください。