ローンやクレジットカードの審査 > ブラックリスト > 申し込みブラックで審査が厳しくなる

申し込みブラックで審査が厳しくなる

申し込みブラックという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

これは短期間に複数のカード会社に申し込みをした人を指す言葉です。

一般的には「1ヶ月以内に3社以上に申し込んだ」場合が”申し込みブラック”とされるようです。この場合も、審査に通りにくくなってしまいます。

なぜそうなるかというと、一気に大量のカードに申し込むという事実が、かなりお金に困っていて、なんとかして借りたいのだと判断されてしまうからです。

しかも、そこで得たキャッシング枠を使って、ほかのカード会社の支払いを済ませるという、いわゆる「借り回し」状態にあるかもしれないという不安材料も考慮されるでしょう。その影響でカードの発行にストップがかかってしまうということです。

貸す側からすれば、借り手の心理状況を察するわけです。

今月分の支払いで首が回らなくなり、その支払いを工面するために、新しいカードを作った場合、いわゆる自転車操業状態になっています。その時は必死に工面できたように見えても、すでにお話しした通り、来月の返済はさらに苦しくなるのです。とすれば、新しいカードの返済がすぐに滞ることが予想されますよね。このような予測の元に、カード会社はカードを発行するのを控えるわけです。

そういった事情ではなく、ただ「クレジットカードを作りたいから」という理由で手当たり次第に申し込んだという場合であっても、データ上は、申し込みブラック・扱いにされてしまいます。

ただし、。申し込みブラック・という言葉はあくまでも俗称であり、本当の意味でのブラックリストと若干意味が違ってきます。

なぜならば、申し込み情報は最大でも6ヶ月間で信用情報から消されるからです。

つまり、ほかに延滞などの事故情報がない限り、半年間、いっさいカードを申し込まないでいれば、すべての申し込み情報は消えて、”申し込みブラック゛の状態は解消されるのです。

もし、カードの審査に落ちてしまった場合、またすぐに次の申し込みをするのではなく、半年間ほどインターバルを空ければ、状況は変わるかもしれません。