ローンやクレジットカードの審査 > ブラックリスト > 公共料金の支払いが遅れるとカードが作れない?

公共料金の支払いが遅れるとカードが作れない?

これも一種の都市伝説のようなものですが、「公共料金の支払いを延滞するとクレジットカードや住宅ローンの審査に悪影響が出る」と、信じ込んでいる方もけっこういるようです。たしかに、銀行口座からの引き落としの履歴を見られると、その銀行でローンを組む際にはなんらかの悪影響がある、そう思われるかもしれません。しかし、公共料金の支払いが遅延したとしても、それが事故情報として登録されることはほとんどありません。もちろん延滞が続けば電気やガスは止められてしまいますが、これはカードが作りにくくなるということと関係はありません。もっとも、そういった生活習慣になっていると、いずれカードの延滞にもつながるような気がしますので、延滞はしないに越したことはありません。

あと、みなさんに注意していただきたいのは、クレジットカードで公共料金を支払うケースです。

この場合は当然、ショッピングなどと同じ理屈なので、カードの引き落としができなかった場合は事故情報として記録されてしまいます。

「公共料金の引き落とし日ごとに銀行口座残高を気にしなくていいからラク」といった声も聞きますが、このシステムの場合は、公共料金の金額などをしっかりチェックしておかないと、電気やガスが止まる前に、「引き落としができなかった」として信用情報にキズがつくことがありえるので、気を付けていただかねばなりません。

公共料金については、クレジットカード決済に集約せずに、銀行引き落としにする、その方法でこういったリスクは減らすことができます。また、いざカードを整理しようとなった時、公共料金の支払いが残っていると、手続上、不都合や不使が生じますので、その点も留意しておいたほうがよさそうです。

「公共料金をカード払いにすると、カード会社への延滞が続いてもカードが止まることはない。カードを停止すればライフラインも止まってしまうからだ」という噂も耳にしたことがありますが、これもまったく根拠のない話です。

基本的にそういった優遇措置はありません。カードが止められる可能性は十分ありますので気を付けてください。






キーワード