ローンやクレジットカードの審査 > ブラックリスト > 事前に連絡すれば延滞しても許される?

事前に連絡すれば延滞しても許される?

万が一、カードの引き落とし日に資金が調達できない場合、どういった対処をすべき
でしょうか?

「支払いが遅れることをカード会社に連絡すれば許してもらえますか?」

こんな質問をよくいただきます。

たとえば毎月27日が引き落とし日だとして、その日には間に合わないけれども、30日には確実に入金があるので、3日遅れで支払えます、と、そのことを事前に把握できていた場合、その事実をカード会社に引き落とし日前にこちらから連絡しておけば信用情報はセーフなのか? ということです。

結論は、残念ながらセーフではありません。

いくら事前に説明しておいても、約束の日に支払いが間に合わなかった以上、延滞扱いとなります。信用情報にも延滞した記録が登録されてしまいます。これは動かすことはできません。

ただ、誠実に連絡を入れることは、まったく連絡なくして延滞するよりも、カード会社や担当者に対して心証がよいということ、これもまた事実です。 あなたが個人的にお金を貸したお友達がいて、そのお友達から連絡もなく、返済期限を破られたら、心配になりますよね。「このまま踏み倒されてしまうのではないか」と支払いに対して不安になると思います。

それはカード会社も同じです。

とにかく連絡が取れなくなってしまうことや、長期間延滞されることを何よりも恐れます。特に残額が多い場合はなおさらのこと。そのまま連絡不通・所在不明となってしまうと債権の残額の回収も難しくなってしまいます。

引き落としが確認できなかった場合、手続きとしては、カード会社は新たな支払期日が印字された振込用紙を送ります。

その期日に従って支払いをしても延滞の事実は残ってしまいますが、これを無視するよりは印象がよくなります。

新たな振込用紙が発送された時点と、新たな支払い期日を過ぎてしまった場合はさらにその時点で、カード会社から確認の(電話)連絡が入ると思います。それにも応じないとなると、かなり立場が悪くなります。

「金策がついていないから、電話をもらってもいつ支払うという話ができない」
「電話に出ても、払えないものは払えない」

そう言って開き直ってしまう方もいますが、無視するという態度はオススメできません。どういった事情でお金が用意できないのか、少なくともいつ頃支払えるのか、それをカード会社は知りたいわけですから、とにかく連絡を無視することだけは避けたいところです。

これをことさらに続けていると、裁判を起こされる可能性も出てきます。電話に出てさえいれば、現状で考えられるベターな対処法について話し合うこともできますが、無視をしてしまうと、「支払いに応じる気がない」と判断され、カードを止められてしまっても、何も文句は言えません。

1日でも支払いが遅れれば、信用情報に延滞の事実は記録されます。しかし、事前にしっかりと連絡をすることで、少なくとも担当者には好印象が残るはずです。とにかく連絡を無視するような事態は避けること、これを肝に銘じてください。

しっかりと対応すれば、裁判を起こされるというような最悪のケースを免れることができるかもしれません。

しかし、あくまでも延滞しないのが基本であることは言うまでもありません。そのことは絶対に忘れないでください。






キーワード