ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > 自分の「信用情報」を確認してみましょう

自分の「信用情報」を確認してみましょう

さて、他社での借入れが「総量規制」の範囲内で、なおかつサラリーマンとして安定した収入があるのに、なぜかカードの審査に落ちてしまった、というケース。この場合、考えられる原因が、先程触れた「事故情報」の残っているケースです。

簡単に説明すると、過去もしくは現在に支払いを数か月間にわたって延滞したと 事故情報が残っている、といってもわかりにくいかもしれませんね。いうような事実を、カード会社が「事故情報」として、(次のページに羅列している)信用情報機関に登録しているということです。

また、短期間に複数のカードを申し込んだという情報についても同じような扱いがされる可能性があります。「金策に追われているのではないか?」と判断されて審査が厳しくなるということです(カードを申し込んだという事実は審査に通らなかった場合にも、半年間、信用情報機関にデータとして残されてしまいます)。

カードの申し込み時に虚偽の申告などをした場合も、登録情報からそれが発覚すれば、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

まとめると、クレジットカードの審査の際には、信用情報機関の登録情報を閲覧され(契約時に、申し込み者の閲覧許可を得る旨の一文があるはずです)、そこになんらかの事故情報などがあった場合には、その情報を理由として審査が通らないといったケースが多いということです。信用情報機関について説明していきましょう。信用情報機関には次の3つの系列があります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
  • JICC
  • CIC

いわゆるクレジットカード会社の信用情報は、このJICCとCICに登録されているケースが圧倒的に多いです。たとえばA社、B社、C社がJICCに登録している場合は、その3社間では同じ「事故情報」を共有できることになります。

どのカード会社がどの信用情報機関に情報を登録しているかは、契約書やホームページを見れば明記されています。

基本的に、一度登録された情報は一定期間残ってしまいますので、事故情報などを閲覧・確認されてしまった場合、審査はしばらくの間、かなり厳しくなると思っていただかねばなりません。また、後述いたしますが、信販系、消費者金融系列の信用情報機関は、銀行系列の信用情報機関とも事故情報を共有しているため、その点についても注意が必要です。

事故情報は、一度登録されてしまったら一定期間経過しない限り、それが消えることはありません。

軽い気持ちで支払いの延滞を繰り返している方は今一度思い直してください。そのような行動が、今後のカード申し込みなどの際に、大きく影響を与えるということをしっかり認識していただく必要があります。そうなってくると、延滞の事実などが自分の事故情報として実際に残っているのか、それこそまさに知りたいと思いませんか。事故情報がそもそも載っているのか、事故情報が消えて信頼が回復した状態になっているのか?

それは、ご自分で信用情報機関に開示請求をすれば確認することができます。いずれも500円から1000円程度の手数料で済みますので、すべてチェックしても、多大な出費にはなりません。

実際に各信用情報機関に足を運んで開示する以外に、郵使で送ってもらうことも可能です。また、CICではインターネットや携帯電話(閲覧できる時間に制限があります)で確認ができます。JICCでも、携帯電話(24時間閲覧可能)で気軽に開示してもらえるようになりました。ぜひ各信用情報機関のホームページで開示方法をご確認ください。

過去に延滞などをした心当たりがあり、クレジットカードの審査にも落ちた、という場合には、一度ご自身で開示請求をして、自分の情報がどのように登録されているかを確認することをオススメします。登録されている情報は、加盟しているカード会社によってまちまちではありますが、延滞などの事故情報は間違いなく登録対象となっているはずです。

開示される情報を確認していただくとわかると思いますが、ここ数年の支払い状況や、延滞した月などについて、それがわかるように記号で表示されています。延滞などの記号が多く、かつこれが何ヶ月も続いている場合はカードの審査に通りにくいということになります。この場合、あわてて申し込みをしないで、しばらく様子を見るという選択肢も出てきます。

クレジットカードに関しては、「数打てば当たる」的な発想は正しくありません。カードの申し込みをした情報は、審査に通らなくとも半年間、残ってしまうからです。

「ひょっとしたら通るかもしれない」と無闇に申し込みをして、余計な情報を残してまうことはナンセンスです。

まずは、ご自分の信用情報を開示してみて、審査に通る状態になっているかどうかを見極めてから、満を持して申し込む、という慎重さがあってもいいかと思います。






キーワード