ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > 社員証代わりのカードはなぜ審査を通るのか?

社員証代わりのカードはなぜ審査を通るのか?

社員証を兼ねたクレジットカードを発行

最近、大企業などで、社員証を兼ねたクレジットカードを発行して、社員に貸与するシステムが増えています。出張交通費や宿泊費、接待経費をこのカードで精算すれば、社員にとっても会社にとっても使宜であり、大きなメリットがありそうです。

しかし、クレジットカードの審査が通らなくて困っている社員さんは、会社から「経費利用のためのクレジットカードを貸与する」と聞かされたら、ドキツとするかもしれませんね。

「ひょっとしたら全社員で自分だけ社員証が発行されないのでは?」
「自分の事故情報が会社にバレてしまうのではないか?」

そんな不安を抱えて、仕事が手につかなくなってしまった、なんて言葉も耳にするところです。

過去に破産した経験のある方が、新しい会社への就職が決まったのに、その会社の社員証がクレジットカードだと聞かされて、「カードが発行できなくて採用を取り消されるのではないか?」と不安になった、そんな声も聞いたことがあります。たしかに、「カード発行」と聞いて、どうしようと不安になるお気持ちはよくわかります。

しかし、大抵の場合、カードは発行されますので安心してください。

不思議に思われるかもしれませんね。なぜ、個人で申し込んだクレジットカードは断られても、社員証を兼ねたカードだと簡単に発行されるのでしょうか?

それはカード会社に月々の支払いをするのが社員個人ではなく、その社員が属する会社だからです。

つまりカード会社にとって、社員個人の信用情報などは関係なく、その会社に対する信用があればカードを発行するというわけです。裏を返せば、そのカードの利用状況が、社員個人の信用情報に影響を与えることもないのです。

ただし社員証の場合であっても、「従業員個人が債務者として決済する」というシステムのケースもあります。この場合は、やはり個人の信用情報によってカードの発行の可否が決められますので、その点だけは重々、ご注意ください。






キーワード