ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > 審査に落ちた理由は絶対に教えてもらえない

審査に落ちた理由は絶対に教えてもらえない

ご存知のように、クレジットカードを作る際には、まず審査があります。住宅ローンを申し込む場合も同様ですが、残念なことに、誰もが期待する結果を得られるわけではないようですね。

「審査に落ちたことに納得がいかない」、「どうして落ちたのか、その理由を知りたい」とおっしやる方もたくさんいます。実際に、私たちのところにも、そういった相談が多数寄せられます。

残念ながら、その相談に明確にお答えすることは困難と言わざるをえません。

なぜかと言うと、カード会社や銀行には、審査基準や落ちた理由を明らかにする法的な義務がないからです。故に、私たち弁護士が代理人になっても審査に落ちた理由を聞き出すことは不可能なのです。

ご自身で、申し込み先の銀行やカード会社に直接尋ねたことがある方もいらっしやるかもしれません。おそらく、「当社の規定により」という曖昧な回答しか戻ってこなかつたのではないでしょうか。

どうして審査に落ちたのでしょう? その理由は、銀行やカード会社などの融資担当者にしかわからない、というのが現状です。

ローンやカードの審査基準が詳しく明示されているのであれば、判断は容易でしょう。なぜカードが発行されないのか、あるいはローンが組めないのか、という理由が、それを見てご自身である程度、想像がつくかもしれません。しかし、カードの場合は特に、簡単な申し込み用紙に記入するだけで申し込み手続きが完了してしまい、基準も明示されず、その結果には理由も付されません。故に、審査に通らない理由が思い当たらず、カード会社に対して疑念を抱く方も少なくないのではないでしょうか。

それどころか、「自分には何か重大な欠陥があるのではないか?」と、なんら思い当たる節もないのに不安になる、なんらかの事故情報が流れているように感じてカードを申し込むこと自体が怖くなってしまう、そんな方もいらっしゃいます。

正直なところ、カード審査に落ちるというのは、さまざまな要素が重なり合っての結果であることが多く、ズバリ「落ちた理由はコレです」とお答えしにくいのです。

なかなか断言ができなくて歯がゆい限りですが、それが現実です。

このような事情を踏まえ、審査に落ちる理由として考えられる要素を可能な限り追求し、「審査落ち」を避けるための方策も、可能な限り詳しく説明していきたいと思います。