ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > 同期が通ったのに自分は審査に落ちた!

同期が通ったのに自分は審査に落ちた!

消費者金融からの借入れを全額完済し、契約自体を終了させてしまうのが理想的

これは特に住宅ローンに関して多いのですが、「会社に同期入社した同僚が住宅ローンの審査に通った。自分も大丈夫だろうと思って申し込んだら落ちてしまった。条件はまったく同じなのになぜでしょう?」というこの叫び。

たしかに同じ会社に同じ年に入社したのであれば、年収も同じぐらいでしょうし、その同僚が審査に通ったということは、自分も住宅ローンを申し込んでも大丈夫、そう思うのは当然かもしれません。

ですが、必ずしも正確な考え方ではない、ということになりそうです。

クレジットカードと同様に、同期で同様と思われる年収と勤続年数(正社員であることは、当然のことながらクレジットカードよりも重要視されます)は、審査の上でかなり重要なポイントとなってきますが、それがすべてではありません。

もし消費者金融からの借入れがあれば、それだけで大きなマイナス査定となってしまいます。これは「総量規制」とは関係なく、これから長期に渡ってローンを支払っていくのに、他社への支払いがあることは不安要素と判断されるからです。

これ以外にも、いろいろな要素を銀行からは熟慮されます。住宅ローンは「慎重な審査」なのです。

まずは、可能であれば消費者金融からの借入れを全額完済し、契約自体を終了させてしまうのが理想的です。クレジットカードのキャッシング枠も借入れゼロにしておいたほうがいいでしょう。

信用情報機関は銀行系とクレジットカード系では系統が別れてはいますが、審査のために情報を開示することは双方ともに可能なため、明らかにされてしまいます。

厳しく審査する銀行では、クレジットカードにキャッシング粋が付いているだけで低評価を下すこともあるようです。その利用自体がなくても、将来的な借入れを想定し、評価を辛くするということです。

マイホーム購入を視野に入れる際には、カードの枚数を減らす、キャッシング枠をなくすなど、対策を講じたほうがよいでしょう。

また、審査に通った同僚の方とは、年収などの条件はまったく同じでも、家計の状況や家族関係など、そのほかの要素が異なることによって、まったく違う判断がされた可能性もあります。

たとえば結婚されていて、共働きの方であれば、奥さまの給料も合わせて総所得が高いと判断されることもあります。

逆に車好きで高級外車を乗り回しているような方であれば、そちらの自動車ローンの残債が大きすぎて、住宅ローンの審査に影響を及ぼすこともあります。当然、貯金(頭金)の額も審査に影響してくるわけです。

いくら年収が多くても、比例して支出額が大きければ、支払能力は低いと判断されます。住宅ローンでは、それだけシビアな審査を受けることになります。ざっくりと言うなれば、名実ともに「支払い能力あり」の状態を作り上げておくことこそ重要ということをしっかりと頭に入れておいてください

もし同僚の方とお酒を飲むような機会があるのでしたら、どういう条件でローン審査に通ったのか、腹を割って、聞いてみるのもひとつの方法です。審査に落ちる理由なども、より明確に見えてくるかもしれません。