住宅ローンは一発勝負々で決める!

現在の自分の状況で住宅ローンの審査に通るのか?

クレジットカードの審査同様、みなさんがやはり気にかかるものがありますね。それは、一生に一度の買い物とも言える「住宅ローン」の審査ではないでしょうか?

まだ住宅ローンは先のこと、とお考えの方も、将来のことを見据え、流し読みでも構いませんのでお付き合いください。

住宅ローンは、借入れる金額が大きいこと、そして返済する期間が非常に長くなることから、クレジットカードとはまた審査方法が変わってきます。

ひとことで言えば、より慎重な審査になってくるわけです。

フリーランスの方はクレジットカードが作りにくい、ということはすでに書きましたが、住宅ローンとなると、これもまたかなりの年収がなければ難しいでしょうし、サラリーマンの方でも相応の収入や貯金、そして信用情報が要求されます。

また住宅ローンの融資は、カード会社ではなく、ほぼ銀行が行うことになります。したがって、住宅ローンを申し込んだ記録というのも、銀行が加盟している信用情報機関に登録されるようになっています。なんとかして住宅ローンを組もうと、いろいろな銀行を渡り歩いて申し込みを繰り返すと、その足跡を銀行サイドにすべて見られてしまうことになります。つまり、銀行の窓口でローンの申し込みをする際に、他行で散々断られたうえで自分のところに来た、ということは銀行サイドにはわかってしまうということです。

ですから、住宅ローンを組もうと思っているのであれば、「とりあえずいろんな銀行に申し込んでみよう」といったスタンスはあまりオススメできません。

クレジットカードについてお話ししたのと同様、現在の自分の状況で住宅ローンの審査に通るのか? 自分の年収や今の会社の在籍年数、そして現在の経済状況(収入と支出のバランス)を冷静に熟慮して、クレジットカード以上に、事前の準備・計画を徹底することが必要です。

そのうえで、住宅ローンの申し込みに行きましょう。上司に相談したり、両親に事前にまとまったお金の援助を相談したりしておくのもひとつの手段です。

先程もお話ししたように、住宅ローンの申し込みの記録も、情報として残ってしまいます。申し込みをする前に、いろいろな銀行で「どういう条件が揃えばローンが組めるか」の説明を受けるなど、万全に万全を重ねた準備をすることが有益です。そのうえで、「この銀行で借りる」と決めうちをし、申し込みの際には一発で話をまとめるぐらいの気持ちで、銀行に足を運ぶことをオススメします。