ブラックリストは存在しない?!

みなさん、「ブラックリスト」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。では、「ブラックリスト」とはいったいなんなのかご存知ですか?

実は、ブラックリストという名のリスト・文書・書類といったものは、金融業界に存在しないのです。ちょっと驚かれる方もいるかもしれませんね。

カード利用者の信用情報は、信用情報機関に登録されています。その意味では、カードを利用しているすべての方の情報が、信用情報機関の「リスト」に載っていると言えます。あえて簡易に表現するのであれば、先程説明した「事故情報の登録」こそが「ブラックリスト」という言葉に値するのかもしれません(使宜上、この本では事故情報の登録について、「ブラックリスト」という言葉を使う場合があります)。

ですから「自分はブラックリストに名前が載っているから、もうクレジットカードを作れない」という表現も、いささか正確性を欠いていると言えそうです。

たしかに、事故情報が残っていればカードは作りにくくなります。その期間内は新たな借入れも困難になります。破産をしたばかりの人は「破産をした」という情報が登録されていますので、原則として銀行もカード会社も融資はしてくれないでしょう。

ただし、逆に、「事故情報が載っていると、絶対に貸してはいけない」というルールもないのです。どういうことかというと、たとえ事故情報が残っていたとしても、それをもって法律上、絶対に「カードが作れない」ということでは決してないということです。信用情報機関に残された事故情報は、あくまでもカードを発行しても大丈夫かどうかの。審査基準のひとつに過ぎないからです。

もちろん、事故情報は大きなマイナスポイントと言えますが、最終的にカードを発行するか否かを決めるのは銀行やカード会社の融資担当者です。

過去に多少の延滞があったとしても、現在の収入が安定していて、それ以降、延滞の記録が残っていなければ「今後、支払い遅延のリスクは低い」と担当者が判断し、カードを発行してくれる可能性はあるのです。なので、ブラックリストというものは、カード審査の絶対的基準ではありません。

あと、気になるのは、ブラックリストを過度に怖がる方がいることです。これもまたいささか過剰反応の感が否めません。是非とも、正しい知識を持っていただきたいと思います。

ブラックリストが及ぼす影響は、あくまでも一定期間です。その期間が過ぎればブラック登録は解除され、新たにカードを作ることが可能になります。ブラックリストに載ったことのみを理由に就職が不利になるなんてことは考えにくいですし、追って述べる通り、法律上、職業の資格制限があるのは破産した場合の一定期間だけです。

また、ブラックリストに載ってクレジットカードが作れなくなっても、使利なカードがすべて使えないわけではありません。

VISA付きのデビットカードでインターネットショッピングのカード決済はできます。車に乗る方であれば、ETCの利用にクレジットカードがないと困ると考えるかもしれませんが、ETCパーソナルカードというクレジットカードなしで利用できるETCカードもあります。

ブラックリストに記載され、カードを作れなくなることを過度に気にして心配する必要はないのです。このように前向きに考えていただくことも必要かと思います。






キーワード