ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > キャッシング枠は希望しないほうがいい?

キャッシング枠は希望しないほうがいい?

「総量規制」の制度がスタートしてから、クレジットカードの申し込み時のみならず、カードの更新時、あるいはこれらのタイミングにかかわらず、カード会社から収入証明書などの提出を求められた方も多いと思います。

「総量規制」が、業界が自主的に定めた独自の基準ではなく、しっかりと遵守しなくてはいけない法律となったことがその理由と言えそうです。

また、カードの申し込みにあたり、「キャッシング枠を希望されない方は収入証明書の提出は必要ありません」と但し轡きがついているような場合があります。この一文を読んで「キャッシング枠を希望しないほうがカード審査に通りやすくなるのではないか?」と思った方もいらっしやるのではないでしょうか?

結論から申し上げれば、基本的な審査内容は変わりませんのでカード発行の審査が通りやすくなるという明確な根拠はありません。

ただし、キヤツシング枠を申し込むことによって、いささか審査に通りにくくなる可能性は否定できません。「総量規制」が始まったことで、キャッシング枠希望の有無を重視するという意義はより強くなったとも言えるでしょう。

ですから、カードの発行を試みる場合は、よほどの必要性がない限りは、キャッシング枠を希望しないほうがベターだと思われます。

それは審査への影響だけの問題ではありません。別の視点からも考えてみましょう。

昨今、カードの。スキミング・被害がニュースなどで大きく報じられています。スキミングとは、カードのデータを読み取られ、不正に利用されてしまう犯罪のことです。近年、その被害が急増しています。

みなさんの中には、「不正利用にすぐ気が付いて、カード会社に連絡すれば大丈夫≒不自然な使われ方をすればカード会社から連絡が来るから大丈夫」という認識の方もいるかもしれません。しかし、こういった事故で補償されるのはあくまでも「カード会員規約の要件を満たしている」場合のみです。

不正利用にあたって、所持者に落ち度がある場合はもちろん、暗証番号が用いられた場合や、不正利用から一定期間が経過してしまったような場合に、補償されないケースも多々見受けられます。自分が使ったお金ではないのに、泣く泣く支払わねぱならなくなったというのは本当に悔しいことです。

セキュリティーの面からいっても、不必要なキャッシング枠を設定することはあまりオススメできないと言えるでしょう。






キーワード