「甘い審査」は本当に存在する?

クレジットカード審査に関しては、「甘い審査」「うまい話」は存在しない

インターネットを閲覧していると、「誰でもカードが作れます」「審査に落ちた人必見」「当社独自の基準で融資OK」といった甘い誘い文句を見かけることがあります。

そのような甘い誘い文句は危ないということは、今まで読んでいただいた方は予想が付くかと思います。

こういった「悪質なカード商法」に関しては、基本的にクレジットカード審査に関しては、「甘い審査」「うまい話」は存在しないと考えてください。

利用者にとって「審査が甘い」ということは、カードを発行する側からすれば「貸し倒れになるリスクが高い顧客を増やす」ということになります。そのようなリスクを背負って経営していく会社はそうそケ存在しません。そのようなリスクを負っても経営が成り立つ会社は何か裏があることが想定できます。信用してはいけません。

しっかりとした収入が定期的にあり、過剰な借入れがない、というのが、カードを作るための必要最低条件と言えます。

何枚も何枚もカードを作っている方は、「過剰な借入れ」に陥る可能性も高く、カードが作れなくなる方向へ近付きがちです。

また、「ショッピング枠しか利用していないから借金はない」という認識の方も注意が必要です。翌月1回払いを繰り返しているのであれば、長期の借り入れとは言えないかもしれませんが、カードを使って割賦払いで買い物をする時は、カード会社に代金を立て替えてもらっている=金利を上乗せした形でカード会社に分割で支払っていくことになるので、実は借金していることと実質は変わりません。カードの審査は別として、そのあたりの心掛けも併せて理解していただければと思います。

では、審査の甘いクレジットカード会社というものは、まったく存在しないのでしょうか? 先程、「基本的に存在しない」と表現したように、実はそうとも断言できないのです。

たとえば新規にカード事業を立ち上げた会社では、実績を積み上げることと、とにかくたくさんの顧客を集めることが最優先事項となってきます

それが理由で、本来であればカードの発行を見送るラインの方であっても、あえて審査を通してしまうケースがあるようです(新しいカード会社がすべて同じ方針ということではありませんので、誤解なきようお願いいたします)。

また、貸し倒れのリスクも高い一方で、ほかのカード会社で審査に通らなかった人がようやくカードを手にすると、大事に使ってくれるという側面も否定できません。この点も、優良な顧客を初期段階で囲えるというメリットがカード会社にありそうです。このような会社は、ある程度回収不能になることを見越して、その分の予算も計上したうえでキャンペーン期間を設ける、ということを通常しています。これがまさに「甘い審査」となる可能性は否めません。ただ、このようなケースは、本当に限られた期間、限られた会社の話と思ってください。

また、カード会社の社内的なノルマで、営業成績を上げなくてはいけないために顧客集めに走ることもあるようです。ただ、堂々と「今審査を甘くしています!」とは宣伝できませんから、融資を受ける側からはなかなかわかりづらいでしょうね。

いずれにせよ、よく口コミで「審査が甘い」と言われるカードは、その情報が間違っているか、あるいは「審査が若干甘かった時期がほんの少しの期間あった」ということになりそうです。






キーワード