ローンやクレジットカードの審査 > なぜカード審査に落ちるのか > 「ホワイト」でもカードは作りにくい?

「ホワイト」でもカードは作りにくい?

ブラックの対義語は「ホワイト」ですね。この「ホワイト」という言葉は、カード業界でも、ブラックリストといわぱ逆の意味で使われています。

何が「白」なのかというと、これまで一度もクレジットカードを作ったことがなく、クレジットの使用実績や履歴がまったく白紙状態にある状態のことを指します。普通に考えたら、カードの支払いでトラブルを抱えていない安心できる人物のように思えます。しかし、「ホワイト」の状態が、クレジットカードを作る際に、必ずしもブラスに作用するとは言えません。時にはこれが原因で審査に落ちてしまうケースもあるのです。それはなぜでしょう?

もちろん20代の若い方であれば、年齢的にクレジットカードを作ったことがないとしても不自然ではありません。40代・50代になって一度もカードを作っていない「ホワイト」の方は、「カードを作らないこと」の理由がいささか不明です。故に、逆に不安材料になる場合もあるのです。

たとえば、事故情報が現在は残っていないものの、十年以上前に、何か信用情報にまつわる大きな事故を起こしたために、長期間カードを持てなかった、そんなことも考えられるわけです。ブラックリストに載っているほうが、どんなタイミングでどんなトラブルがあったかが、逆にわかりやすいという側面もあるんですね。

「ホワイト」の場合、信用情報に関する判断材料がそもそも存在しないので、審査をする時にむしろネックになる、そういう事情はありそうです。これまでに、いわぱ現金至上主義を貫いてカードを作らないできた方が、審査に通らないというケースもありえることになります。

「ホワイト」が何か悪いということはまったくありません。審査の際に不安材料となりうる、ただそれだけです。「ホワイト」なのに、カードを作れないという方は、何か悪いことをしたように感じなくても大丈夫です。

日常生活に何も不都合がないのであれば、無理にカードを作ろうとして申し込みを繰り返すよりは、そのままカードを作らないという方法も、とても健全な生き方といえるのではないでしょうか。